熱海市立 小規模特認校 網代小学校 ガイドライン サイトマップ
〜 学び 深め 広げる 網代っ子 〜
HOME:網代小学校学校紹介青い目の人形
青い目の人形 ★☆★ メリーちゃん & タミーちゃん ★☆★
校長あいさつ
網代小の歩み
学校概要
施設・環境
網代小校歌
青い目の人形
メリーちゃんとタミーちゃん


 学校紹介に唐突にお人形が登場し、「なぜかな?」と感じられるかもしれませんが、網代小学校の児童や教職員のみならず、卒業生やこの網代の町の人々にとって、この 「青い目の人形」は、とても大切な存在です。「青い目の人形」のお話の始まりは、今から80年以上前の尋常高等小学校時代の1927年(昭和2年)に遡ります。

 「青い目の人形」は、1927年(昭和2年)に、アメリカの宣教師 シドニー・ルイス・ギューリック博士の呼びかけにより実現した、日米両国の子どもたちの心の懸け橋となるべく、友好を願いアメリカから日本へと贈られてきた友情人形です。その背景には、目まぐるしく変化する複雑な国際情勢があるのですが、そんな中、恒久的な平和を願い行われたのが、この友情人形による民間国際交流でした。日本でもこの友情人形に対して、渋沢栄一氏が中心となり、クリスマスに合わせて、お礼にアメリカの子どもたちへと市松人形58体の答礼人形が贈られました。

 こうして「青い目の人形」と答礼人形を通じて、心温まる日米親善活動が行われたのでしたが、その後日本とアメリカ両国の関係は一変し、敵国どうしという間柄となり、歴史が物語るように暗い戦時下のもと、様々な検閲などが行われました。友情の証であった「青い目の人形」も例外ではなく、敵国の人形というだけで、焼かれたり竹やりで突かれるなど、その大部分が破壊され処分されるという数奇な運命をたどりました。
 その後戦争が終わり、敗戦後の日本においてその存在は影となっていましたが、1973年にNHKにて放送された番組がきっかけとなり、全国で隠され残されていた「青い目の人形」に再び注目が集まり、相次ぐ発見とともに、再度日米両国の子どもたちの心の懸け橋となるべく、その活動が再開し現在に至っています。

 網代小学校には、現在1927年にギューリック氏により、初めて天洋丸で日本にやってきた12,739体の友情人形のうちの一体である「メリーちゃん」と、1991年に、ギューリック氏の孫にあたるギューリック3世がお持ちになられた「タミーちゃん」の二体の人形が大切に保管されています。
 「メリーちゃん」は、全国でも約320体ほどしか残されていない友情人形の中でも、健全な状態で保管されてきた数少ない人形で、今でもきちんと瞬きをします。洋服は、1983年に東京池袋の西武デパートにて開催された「青い目をしたお人形」の同窓会に合わせ、網代小学校の卒業生により新調されたものとなっています。
 「タミーちゃん」は、1991年(平成3年)6月26日に、祖父にあたるギューリック氏が贈った「メリーちゃん」を、網代の人々が長い間大切に可愛がってくれたお礼として、わざわざギューリック3世が自ら奥様と長男、長女、次女を伴い、網代小学校までお持ちになられたものです。
 当日は、137名の児童と隣接する幼稚園の園児26名、教職員や教育委員会の関係者はもとより、網代の町中の方々がギューリック一家を出迎え歓迎会を行いました。学校で行われた歓迎会や人形のお披露目の様子が、テレビや新聞などで報じられたため、全国に網代小学校の様子が紹介されました。

 そんな友情人形を通じて行われてきた日米両国による民間レベルの親善活動は、多くの子どもたちの心に平和や友好の大切さ、国を超えた人と人との絆意識を芽生えさせ、巣立っていく網代っ子の心に深く刻まれています。子どもたちが受け継いできたこの「青い目の人形」による友好の歴史は、そのまま網代小学校の歴史ともなっているのです。
                         (参考文献:青い目の人形資料館)


青い目の人形に関する出来事
■1868年(明治元年) 新天地を求め、アメリカへの移民が始まる。
■1924年(大正13年) アメリカにて移民禁止の法律がうまれ、日米関係が急速に悪化。
■1927年(昭和2年) 宣教師 シドニー・ルイス・ギューリック氏の発案により、両国の子供たちの友好のため、日本のひな祭りに合わせ、アメリカ全土48州 約260万の人たちの協力のもと、友情人形12,739体が日本に寄贈される。253体が静岡県へ、その内14体が当時の田方郡へ贈られる。
■1941年(昭和16年) 太平洋戦争が開戦し、アメリカと敵国となる。童謡「青い眼の人形」は敵国歌として禁止に、人形そのものも大部分が処分される。
■1973年(昭和48年) NHKにて群馬県の利根村東小学校にまつわる「人形使節メリー」という番組が放送され、これをきっかけに友情人形が話題となる。
■1974年(昭和49年) 校舎改築前の当校校長室の戸棚にて、風呂敷に包まれた木箱の中より友情人形メリーちゃんが発見される。
■1983年(昭和58年) 東京池袋の西武デパートにて開催された、「青い目をしたお人形」の同窓会に、メリーちゃんが招待される。これに合わせて、当校卒業生により洋服が新調される。
■1988年(昭和63年) ギューリック3世より、お隣の熱海第一小学校へ、ルイーズちゃんが贈られる。
■1991年(平成3年) ギューリック3世が当校にお越しになり、二体目となるメリーちゃんの64歳年下の妹タミーちゃんが贈られる。テレビや新聞などで歓迎会の様子が伝えられ、全国に網代小学校が紹介される。
■2000年(平成12年) 当校3年生により、創作劇「青い目の人形」が上演される。
■2007年(平成19年) メリーちゃんが再び長崎歴史文化博物館での同窓会に招待される。
■2016年(平成28年) メリーちゃん、タミーちゃん、 冨士山三保子さんとともにグランシップに展示される。
メリーちゃん
メリーちゃん


タミーちゃん
タミーちゃん
このページの先頭へ
熱海市立 小規模特認校 網代小学校 〒413-0103 静岡県熱海市網代195番地
TEL:0557-68-0124
FAX:0557-68-5208
E-mail:ajiroshol@i-younet.ne.jp
Copyright(C)2011 Ajiro Elementary School. All Rights Reserved.