秋の尾瀬 【その1】

20年位前に会社の仲間三人で、自転車(ロードレーサー)で?夏の終りごろ「尾瀬」に行った思い出が有ります。今回は、自転車を担ぐ体力も無いので、普通のハイキングで茶色に染まった尾瀬の大自然を見て歩きました。

2001年10月7日

コースタイム
鳩待山荘(5:00)→横田代(6:10)→アヤメ平(6:45-7:00)→竜宮(8:35-9:00)→見晴(9:25-9:30)→沼尻(10:55-11:40)→ビジターセンター(12:22-12:32)→三平下(12:50)→一ノ瀬(13:50-14:00)→大清水(14:38)     計 9時間 38分
横田代湿原 No.01
横田代。
昨夜仕事を終えて戸倉の並木駐車場に着いたのがpm11:30ごろ。車中泊で夜を過ごし、戸倉をam4:35発のバスに乗り、鳩待に4:55着。
鳩待山荘裏の登山口(アヤメ平)からヘッドランプの明かりを頼りに歩き始めた。
始めの1時間ほどは雑木林の山道で、横田代で回りも明るくなり、視界も開けてきました。
横田代湿原 No.02
横田代の標識。
以前に来た時は、「山ノ鼻」経由で尾瀬ヶ原に入りましたが、今回は別ルートと思いアヤメ平経由にしました。
アヤメ平付近 No.03
アヤメ平付近から至仏山方向を見る。
天気予報では行楽日和の良い天気と云う事でしたが、中々青空が見えてこない。
至仏山も雲に隠れて見えませんでした。アヤメ平は今回の山行の最高到達点で、標高は1969m。
長沢新道 No.04
長沢新道の色づいた林と渓流。
この辺は薄緑や黄色に紅葉した綺麗な木々が沢山あり変化に富んで見応えが有ります。
竜宮まで後少し No.05
竜宮まで後少しの登山道。
綺麗な長沢新道の林と急な坂を下り終わると、平で広々した尾瀬ヶ原に出ました。
こんな山深い所に広々した湿原が広がり、別天地に迷い込んだようでそれは素晴らしいの一語に着きます。
竜宮のベンチにて No.06
竜宮のベンチにて。
竜宮は尾瀬ヶ原のほぼ中央に位置し、大勢の登山客で賑やかでした。
今回の山行は「北岳」、「白馬岳」と同じメンバー仲良し三人組です。これからも色々とお世話に成ります。
竜宮山荘 No.07
竜宮小屋。
以前に来た時は、土砂降りの雨の中、広い尾瀬ヶ原をたった三人で自転車を引きながら歩きました。しかも雷が回りの山に大きな音を立てて落ちる中、生きた心地がしなかったことを今でもはっきりと覚えています。

下の写真をクリックすると【竜宮から見た尾瀬ヶ原】のパノラマを見る事が出来ます。
竜宮から見た尾瀬湿原のパノラマ


「里山のたより」ホームへ戻る       「山のたより」ホームへ戻る    「秋の尾瀬」その2へ進む